HOME >  ものづくり

ものづくり


ものづくり

お肉・野菜・お米全てのものづくりに妥協せずこだわりを持って、マンマミートの商品は作られています。

安心して食べられるお肉15の理由~ノンGMOについて~

これまで考えられなかった新しい作物が、知らないうちに私たちの食卓や家畜の飼料として登場しています。
外見はこれまでと何ら変わりませんが、元々は持っていない遺伝子を組み入れる事によって、本来なかった特質を持つようになった作物が作り出されています。
それが遺伝子組み換え作物(GMO)で、大豆やとうもろこしが飼料用として輸入されています。
遺伝子組み換えは、ここ20年ほどで急速に開発された技術で、安全性への疑問、環境生態系への影響が心配されています。

ままとこで扱う牛は、「non-GMO牛」つまり、遺伝子組み換え飼料を食べずに育った牛です。
牛の飼料として、よく使われるものに、とうもろこし、大豆、綿実、コーングルテンがあります。
non-GMO牛には、とうもろこしと大豆は遺伝子組換でないものを使用し、分別が困難なコーングルデンは使用せずに、かわりにnon-GMOの加熱大豆やきな粉を加えて飼料にしています。

ものづくり

人間の体も、動物の体も、、食べたものから作られています。
ままとこの牛肉はみなさんに安心して食べていただけるnon-GMO牛」です。

こだわりハンバーグ non-GMO牛100%ハンバーグができるまで

ものづくり

ままとこの自信作「non-GMO牛100%ハンバーグ」は、熊本県産のnon-GMO牛(遺伝子組み換えを行っていない飼料を食べて育った牛)のみを使ったこだわりのハンバーグ。
牛100%なので、お肉たっぷりの肉肉しいお肉本来の味が味わうことができます。

また、化学調味料、保存料などの化学的添加物を一切切使っていません。
だから余分な雑味がなく、素材本来の味がするのです。お子様にも安心して食べていただけます。

そして、ハンバーグの美味しさを支えているのは「しょうゆ麹」。
日本の伝統食を支えてきた麹技術を使い、お肉の本来の旨味を引き出しています。
麹が入っているのでふっくら膨らみ、中身はジューシーな肉汁にあふれているのです。

ハンバーグをつくっているのは「ミートファクトリー」の職人さんたち。
ままとこのレストランのハンバーグは、ファクトリー直送のハンバーグです。
機械に頼らず、ひとつひとつ手づくりしているから、手間もかかりますが、思いがこもった自家製ならではの味が味わえます

こだわり野菜について

ものづくり
ものづくり

ままとこの野菜は、地元の生産者さんが作ってくださった有機野菜が中心です。
植木の百草園さん、七城の元田さんの野菜をいただいています。

百草園さん(植木)
百草園さんは、熊本市植木町で、露地栽培での野菜作りと平飼いの産卵養鶏を33年間営んでいらっしゃいます。
土こそが命の源。有機農業でつくられた畑の土は微生物が1000万~億単位で生き、この微生物の力で健康な作物が実ります。
百草園さんでは、平飼養鶏のケイフンや畑の残さを土に返す「有畜複合農業」のスタイルで大事な土づくりを行っていらっしゃいます。

元田さん(七城)
元田さんは、菊池市七城町で「自然栽培」の野菜を作られています。
「自然栽培」とは農薬、化学肥料、動物性堆肥などを使用せずに土づくりから行う農法。
自然の力を利用してバランスのいい健康な作物を育てる自然栽培にとりくんでいらっしゃいます。

十五穀米をなぜ使用するのか?

ままとこのお米は、熊本県山鹿市の「あいがもん倶楽部」さんの合鴨農法で作られたお米です。
合鴨農法とは、稲を栽培するときに、除草剤や殺虫剤といった農薬を使用する代わりに、水田に合鴨を話して、雑草や害虫を食べてもらう、減農薬もしくは無農薬な農法。

ままとこでは、そんなこだわりのお米に雑穀を混ぜた「十五穀米」を提供しています。
十五穀米とは、白米に発芽玄米、胚芽押麦、もちきび、米粒麦、もち玄米、黒米、もちあわ、小豆、ハト麦、高きび、赤米、玄米胚芽、ひえ、緑米、とうもろこしを混ぜて炊くご飯のことです。
このような雑穀を加えてもカロリーは変わらず、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養価がグンとアップするのが特徴。

雑穀は、ミネラル、食物繊維を豊富に含み、白米をはるかに凌ぐ栄養バランスのよさを誇っています。
また、環境ホルモンなどの有害物質を吸着して排出する力も強いとされています。
雑穀は白米に比べてミネラルやビタミンが豊富で、抗酸化作用にすぐれたポリフェノールも含まれているなど美容や健康によく、食物繊維も豊富なので腸内環境を整えてくれる働きがあるのが魅力です。

ままとこでは、美味しいお肉と一緒に、美味しいお米を健康に食べていただきたいという想いから、十五穀米をおすすめしています。

ベジブロススープ

「Whole Food」(ホールフード)という言葉をご存じですか?

“まるごとの食べ物”という意味になりますが、この中で重要な考え方が”野菜もまるごと食べていこう!”という動き。
じつは、皮やヘタ、種など、食べられないと捨てていた部分に、実は野菜の栄養が凝縮されており、老化や病気を防いでくれるフィトケミカルやミネラルがたくさん含まれているそうです。

フィトケミカルとは、「第7の栄養素」とも言われポリフェノール、イソフラボン、リコピンなど健康に良い影響を期待できる物質の総称です。
最近では抗酸化作用があり免疫力を向上させる効果があると注目されています。

ものづくり

ベジブロススープは、老化防止(アンチエイジング)、免疫力アップ、美肌効果など、女性に嬉しい効果がたっぷり。
また、野菜を作ってくださった農家の方へ感謝する気持ちで、野菜全部を最後までいただくという気持ちもこもっています。

お気軽にお問い合わせください0968-41-5091
  • 体験のお申込はこちら
  • 資料のご請求はこちら

お問い合わせはこちら

アクセスマップ

交通アクセス

住所 : 〒861-1344
      熊本県菊池市七城町蘇崎1310-3 ママトコ

電話 :  0968-41-5091

営業時間 :  11:00 - 21:00(レストラン) 16:00 - 22:00(ビアガーデン)

店休日 :  なし

↑googleマップをご活用の方はこちらから↑